0726589819

9:30-13:30/15:00-19:00

⇒ネット予約
かすや歯科ブログ
BLOG
骨がない状態でもインプラント可能?骨を増やす骨造成とは

こんにちわ。
高槻市の歯医者「かすや歯科クリニック」院長の加須屋です。

 

骨が痩せている、骨が足りないからという理由でインプラントができないと言われたという方もおられると思います。

 

インプラント治療は顎の骨に人工歯根(チタンのネジ)を埋め込み、その上に被せ物(ジルコニアまたはセラミック)を取り付ける治療法です。
つまり、土台となる十分な骨がなければ、インプラントはしっかり固定できませんし、骨があることは必要条件であるとも言えます。

 

現在は、骨が足りなくてもインプラント治療ができる材料・技術が開発されています。
インプラント治療を断念された経験がある方はぜひ参考にしてください。

 

骨造成方法(上顎の場合)

上顎の奥歯の部分は、顎の骨の上に上顎洞と呼ばれる空洞があります。
これは、蓄膿症の方が膿が溜まる空洞で、鼻とつながっています。

 

上の奥歯を失うと顎の骨が薄くなりやすく、インプラント治療が難しい場合があります。
そこで、上顎洞を使用した骨造成法を行う場合があります。

 

一つ目はソケットリフトと呼ばれる方法です。

 

インプラントを埋め込みたい骨の位置に穴を開け、上顎洞に差し掛かった時に上顎洞の粘膜を人工的に持ち上げて、持ち上げてできたスペースに人工骨を充填してインプラントを埋め込む方法です。
これは元々の骨の高さが最低4~5mm必要になります。骨造成とインプラントの手術が同時にできるメリットがあります。

 

二つ目はサイナスリフトと呼ばれる方法です。

 

これは、骨が大きく吸収している場合に用いられ、複数のインプラントを上の奥歯に手術する際に行われます。
上顎洞の横の粘膜から切開し、穴を開け、目に見える状態で上顎洞の底の粘膜をめくって挙上し、そこにできたスペースに人工骨を充填します。
一度に多くの骨を増やすことができますが、骨が成熟し固まるまで半年ほどの期間がかかります。

 

骨造成方法(下顎の場合)

下顎は骨が硬く、骨の中に神経と血管の管が走っていることから、手術の際には神経と血管に位置を確認して行うことが重要になります。

 

上顎とは異なり、骨が薄く足りないところに人工骨を充填し、人工の特殊な膜で覆います。特殊な膜の効果によって余分な細胞が入ってこないため、骨ができやすい環境になります。
骨の欠損状態によってはインプラントの手術と同時にできる可能性がありますが、欠損が大きな場合は、上顎と同じように骨が成熟するまでに半年ほどの期間がかかる場合があります。

 

まとめ

骨の造成方法、材料は大きく変化してきました。
患者様一人一人違うお口の中ですので、骨の状態にあわせた骨造成方法を提案させていただきますので、ご相談ください。

 

当院のインプラント治療について

 
 

高槻市の歯医者
かすや歯科クリニック
院長 加須屋 歯科医師

 
医院のご案内
CLINIC
ご予約
新患・急患随時受付けしております
0726589819

9:30-13:30/15:00-19:00(土曜午後14:30-17:00)

診療時間
9:30-13:30
15:00-19:00
  • )土曜午後14:30-17:00 / 木曜午後・日曜・祝日 休診
〒569-1123
大阪府高槻市芥川町1-10-13
  • JR高槻駅より徒歩約3分の駅近の歯医者
  • 阪急高槻市駅より徒歩約10分
  • 高槻市営バス「芥川商店街」より徒歩約1分
お車でお越しの方
お車でお越しの方

提携パーキングはありませんので隣接するコインパーキングのご利用をお願い致します。

電車でお越しの方
電車でお越しの方

JR京都線「高槻」駅の北出口より徒歩約3分。阪急「高槻市」駅よりJR高槻駅方面へ徒歩約10分。

バスでお越しの方
バスでお越しの方

高槻市営バスで「芥川商店街」停留所でお降り下さい。バス停から当院までは徒歩約1分です。

お問い合わせ
院内設備のご紹介
かすや歯科ブログ
かすや歯科クリニックの求人情報